Contact

Address

バイオハウス 5F

Bio House Building, 5th Floor, 55 Soi Sukhumvit 39,
Klong Ton-Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand.

Tel: 02-662-5194
095-284-2232(日本人直通)

Email: sanaru0067@gmail.com

タイ・バンコク校ブログ

1月9日(木)、横浜の桐蔭学園高校(偏差値66.2020年1月時点)の合格発表があり、第1希望だった中3のMくんが「合格した」と連絡をくれました。

「ミラクルは失礼です!実力です!!」とMくん本人が言いそうですが、私たちからすると「まさに、ミラクルな成績上昇を遂げた生徒」でした。

Mくんは、中学3年生になる直前の2月からサナルに入学しました。

なので、大体1年間サナル生。

※本人から成績開示等全て許可をもらっています

入学したときの成績・・・笑えませんでした。

「入学テストを行わず、どんな生徒でも粘り強く伸ばす」のがモットーの私でさえ、「これ、ホントに大丈夫か・・・」と心配になるレベル。

中1の3学期なんて5教科の定期テスト合計が180点なんです...

小学生に算数を教えて早15年。

もともとわたしは文系なので、算数・数学の専門家ではありません。

私の教育の理念が「学習を通じて、生徒の自負心を育てる」ことなので、算数・数学がとても重要になります。自信をつけるも失うも、かなりの確率で算数・数学が関わってくるからです(どういうわけか、算数・数学が出来る人は賢いと判断され、英語や国語や社会が出来る人は賢いと判断されないので)

そして、中学受験をしないならば、明確に出来る・出来ないが子どもの中で判断されるのは中学1年生になったときだというのも、この15年間でよく分かりました。

小学生算数はテストが簡単すぎて、自分で算数が「出来ない状態に陥っている」ことになかなか気が付けません。

だからこそ「どうやっ...

2020年度4月20日(月)から始まる新入生の受付について連絡させていただきます。

▼新年度の申し込み

1月8日(水)から申し込みが開始になってります。

▼新年度の時間割・学費

詳細は1月8日以後にお問い合わせください。また、時間割や学費は間違いがあってはなりませんので、一度サナルにお越しいただいて用紙をお見せしながら説明いたしますので、メールや電話での説明はお断りしております。ご容赦ください。

▼新入生のための「新小4から新中2・集団授業」のための公開説明会を実施

1月26日(日) 13:00から14:30

 ※事前予約が必要です。sanaru0067@gmail.comにお子様の学年とお名前を送ってご予約ください

2019年12月に工事が完了し...

2020年教育改革が目前に迫ってきています。

それが理由なのでしょうが、今はバンコク日本人学校の中学2年生の英語の定期テストが洒落にならないほどのレベルに上がっています。

おそらく、今の中学1年生も来年度から難しくなるのでしょう。

(先生の意志ではなく、学校の意志を感じますし)

中1英語は簡単なので、生徒たちも急に難しくなって面食らうと思います。

そこで、中学2年生になってから対策したのでは「100%遅い」ということが分かっていますので、中2の6月の定期テストに向けた準備を、この12月からスタートしています。

サナルバンコク校、中学1年生英語の力を高める訓練

・毎週100単語テスト(英語から日本語へ)。中1終了までで1000単語いきます。

・全生徒...

バンコクに来て早3年が経ちます。

しかし今がクリスマス直前で、年末を間近にむかえているとはどうしても感じられない自分がいます。

人の感覚は、生まれ育ってきた気温や天気に密接に関係があるんだと感じる今日この頃です。

さて、ひさしぶりのオススメ本紹介です。

きょうは日本の寒さが恋しいと感じているため(しかし一時帰国中は「日本は寒すぎる!」と言うでしょうが 笑)、冬に適した本を紹介したいと思います。

『雪のひとひら』ポール・ギャリコ著、矢川澄子翻訳 新潮文庫

この本は好き嫌い分かれるかもしれません。きれいな風景描写が現代人からはよほど生まれない表現だよなー(1965年に書かれた作品)と心を清めてくれるような感覚になれるうえ、タイでは見ることが出来ない...

中学3年生

サナル・バンコク校が2年半前に開校した際、全く見も知らない横洲という人間を信じて入学してきてくれた、バンコクで私が初めて中学の3年間ずっと教えた生徒たち。手塩にかけて育ててきました。

その中学3年生の年内受験が終わりました。

第一希望に合格し、年内卒業をした生徒が4名。このうち3名も中1のころから通っている生徒でした。うち2名は本当に合格できるかどうか分からないところでギリギリの戦いをした生徒だったので、第一希望で卒業させることができて本当に嬉しい限りです。

まぁ、年内卒業とはいっても自習には来るので毎日顔を合わせていますが(笑)

年内受験の合格実績をここに記します。

(受験結果順)

・名古屋国際高校     4名

・文化杉並学園...

バンコク日本人学校の11月定期テストが終わりました。

昨日は中1の半分の塾生が授業を受けに来ましたが、塾生の英語と数学の平均点が85点を超えていました。英語や数学を得意にしていない生徒もいますので、今回のテストに向けてよく勉強したと感じます。また、社会も過去最高の得点を取った生徒が多く、ようやく「テスト勉強の正しい作法」が身に着いてきたと感じています。またここから4か月は復習・家庭学習のメインを数学にするのではなく、英語を徹底的に伸ばす必要がありますので、中学2年生になるまでに「科目としての英語力」を身につけさせるカリキュラムを作っています。

来年度から始まる教育改革。

バンコク日本人学校ではおそらく中2から英語を難しくしてきます。英検2...

題名にありますが、本日は教育ブログではなく私の最近のことを書きますので、興味のない方、すみませんです。

バンコクに来て、早2年半。

サナルの海外初となるバンコク校の立ち上げからスタートし、日々の忙しさに追われ、タイスタッフが日本語や英語が出来ることにも甘え、今までタイ語の勉強をしっかりやってきませんでした。

今、私は37歳です。

バンコクの立ち上げを行っていたときは34歳でした。

気が付けばアラサーからアラフォーになっています・・・

お腹のお肉・・・来タイしたころに比べて4kg多いです

このままでは、私は一生タイ語を覚えることなく生活が過ぎていってしまう!!と焦りを感じ、タイ語学校にもう一度通い、本格的に勉強をはじめました。

子どものころとは違い9...

2019年バンコク日本人学校の第2回定期テストが終わり、個人成績表も出ました。

中3受験生、内申点が必要な10名は無事成功してくれました。

さて、成長していく受験生、成長していかない受験生についてpart2です。

前回part1にて書いたのは、

1、やり散らかしに入ってしまう生徒

2、一意専心出来ず、常に不安がよぎってしまう生徒

3、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ症候群の生徒

4、難問の解説を見ず、ずっと考えている生徒

など、問題への取り組み方や心構えについてでした。

過去15年間で約10000名ぐらいの生徒を見てきたうえで、今回は勉強の「事前準備」について、成長していかない生徒の特徴をピックアップしていこうと思います。

・前提が

「全員が頑張って努...

佐鳴予備校 バンコク校の塾生のみなさん

テスト直前、頑張って勉強していますか!?

時事問題が10点以内出ると言われている中2のみんな。これぐらいは確実に覚えていきましょう。

中1の時事問題、初めての事前課題がない状態での時事問題。これを覚えていれば80%は行けるはずです。覚えてくださいね!!

【6月15日から9月14日までの時事問題】

▼1、6月28日、「(都道府県)         」で、首脳会合「        」が開かれた。

▼2、2020年に東京オリンピックが開かれるが、毎回オリンピックと同時に開催される障碍者スポーツの大会の名前が「                」。また、2024年のオリンピックは「(都市名)       」で開催

▼...

Please reload

イベントのお知らせ

2020年度4月20日からの新入生受付について

December 20, 2019

2020年度4月20日(月)から始まる新入生の受付について連絡させていただきます。

▼新年度の申し込み

1月8日(水)から申し込みが開始になってります。

▼新年度の時間割・学費

詳細は1月8日以後にお問い合わせください。また、時間割や学費は間違いがあってはなりませんので、一度サナルにお越しいただいて用紙をお...

1/1
Please reload

最近の記事

Please reload