タイ・バンコク校ブログ

バンコクの英語熱はとても高いと以前ブログに書きました。

だからこそ、すでに差がついているので中学校まで英語は避けてきてしまったという生徒も少なくないのかもしれません。そうなると、いきなり「苦手意識」から始まっているので、英語に時間をかけることを嫌がる中学1年生もいます。

そういう生徒は「自分はなんてラッキーなんだ!!」と思って欲しいです。

「英語学習でBreak through(ブレイクスルー・突き抜けること)経験

が出来るのですから!!

英語はやれば必ず出来る科目ですから、他の生徒より時間をかければ追いつきます。ただ、その心をどう作り上げるかがカギとなります。また、「手で書いて覚えるレベル」から「音」によって単語を覚えていけるようにするこ...

バンコク校の塾長として、2回目の定期テストが終わりました。結果が聞けていないのでまだまだ何ともいえませんが、勉強をやってものびない場合、3つの理由で得点を落としています。

それを改善する指南をするのも私たち塾教師の役目だと思っています。

■理由1 やりっぱなし症候群

■理由2 パターン化症候群

■理由3 時間無制限勉強症候群

やりっぱなし症候群。私の力不足でとても悔しいのですが、塾生の中にもいます。「ミスったノート」と「やり直しノート」をやりきっている生徒は今聞けている中で100%成績が伸びています。「1を聞いて10を知るタイプの天才」でないかぎり、塾・学校の授業内で解いたもの・宿題としてやったもの等を「もう一回復習し、会得しているか確かめる...

9月7日(木)、このブログを書いている今まさに、中学生たちが学校で定期テストを受けています。

「家より塾に長くいます」

という生徒も、夏休みは少なくありませんでした。バンコク日本人学校は部活がないので、全学年さなるを「第二の家」として活用し、ケジメと楽しさを両立させていた子がたくさん見られました。

今回は夏休みもあったので、対策はかなりみっちり行えました。

今日の夕方、自習に来る生徒たちが笑顔でありますように・・・

←私の予想、社会の時事問題対策プリントです

・グアム沖ミサイル

・第3次安倍晋三改造内閣

・九州地方の豪雨

・劉暁波氏死去

・稲田防衛大臣辞任

・蓮舫氏辞任 → 前原氏へ

・W杯ロシア大会出場決定

・神宿る国・宗像・沖ノ島、福岡県が世界遺産へ

・水...

いよいよ明日、バンコク日本人学校の定期テストです。

定期テスト模擬やら直前テスト対策やらで忙しく、ブログ更新も久しぶりな気がします。

塾生にはいろいろなことを話してきました。

・前日には新規問題を絶対にやらないこと

・英語と数学は直前にやっても得点に反映されにくいこと

・あせらずに急ぐこと(スピード感を持つこと)

・社会は単語の暗記ではなく、流れと単語の暗記をすること(教科書を読み込むことが第一)

おとといの日曜日、中1の数名が

「歴史の流れがぜんぜん分からないです(泣)」

となきついてきたため、板書でまとめたものです(写真では切れてしまった右側にも続いていくのですが)。生徒たちはスマホの写真でとっていました。板書を移さない・・・そんな時代になってき...

9月に入り、日本に一時帰国していた生徒たちもバンコクに戻って、サナルにやってきました。

久しぶりにあった生徒たちが背が伸びていたり、顔が精悍になっていたり、「男子・女子、特に中学生は三日会わざれば刮目して見よ」だな~とひとり感動しておりました。

そして、生徒たちが日本からのおみやげを持ってきてくれて、サナルはおみやげの山になっています。

生徒のみんな、そして保護者の皆様、お気遣いありがとうございます。

教師一同、おいしくいただいております。

佐鳴予備校 バンコク校 塾長 横洲

さなるバンコク校にある観葉植物「ヤシ」の様子を見に来てくれた、「はなはる(花屋)さん」から言われてしまいました。

「水のやりすぎです」

その後、ものすごい勢いで葉をカットして落とし、「また来週消毒に来ますから」と立ち去っていかれました。

←さなるバンコク校のヤシです

雨の多い熱帯雨林気候にバンバン生えて育っているヤシが水で弱るという事実に最初は驚きつつも、ひそかに納得をしました。

木々の生長と人の成長は似ているのです。

(職業病です 苦笑)

生徒たちは「手をかければかけるほど成長を遂げてくれる」というわけではありません。

ものすごくたくさんの時間と手をかけた結果、あまり成長してくれないケースが見られます。

    ※当然私自身の腕のなさを嘆きますが

た...

第2回定期テストまで残り2週間。

様子は生徒それぞれによって、本当にさまざまですね。

・いまだ夏休みの宿題をやっている中1男子(「終わんないんですよ!」が、なぜ嬉しそうなのでしょう・・・)

・すでに「やりきってしまってやることがありません。何をすればよいですか?」と聞いてくる中3男子

・数学の定期テスト練習模擬に「ヤバすぎる」と眉間にしわを寄せ、危機感を持って勉強している中3女子

・宿題が終わって「将棋しましょうよ」と誘ってくる中2男子(当然課題を与えましたが 苦笑) 

・友人と夏休みの調べ学習をしている間に、気づいたらおしゃべりになっていて予定が予定通り進んでおらず、あせっている中1女子たち

サナル・バンコク校の夏期講座では受験対策も定期テスト...

サナルのバンコク校では、小学生の夏期講座にて、「理科実験教室」を行います。

私は隣の部屋で中2の国語の夏期講座を担当していましたが、小学6年生が行った「エッグドロップコンテスト」、大盛り上がりでしたね。もちろん、楽しむだけではもったいないので、

・試行錯誤する力

・根本原理をとらえる力

・なぜそうなったかを考察する力

この3つを身に付けるための理科実験教室としました。

↑上は卵を守りきることに成功した作品です↑

小学6年生の発想力に脱帽・・・素晴らしかったです。

卵を守りきれなかった生徒もいましたが、「これは成功だ。これでは上手くいかないことが分かった」とエジソンも言っています。

実験はただ成功すればよいというわけではなく

「なぜ!?」

と、理由を論理的...

さなる 夏期講座 小学生は「理科実験教室」を行いました。

生徒たちにとっても初めての実験、ワクワクドキドキの声が聞こえてきます。

今回は、

・「エッグドロップ」コンテスト (工学実験)

・「アイスクリーム」を作ろう (化学実験)

の2本立て。

生徒たちも大興奮の理科実験教室でした。

担当した佐藤からは、「とてもいい笑顔が見られました!」とのこと。

(その写真を載せられないのが残念!!)

←卵に顔が・・・小5の女の子が作ったようです

今度校舎に写真館でも作りましょうかね・・・

今日も生徒の笑顔と成長のために、全力で指導に邁進中です。

佐鳴予備校 バンコク校 塾長 横洲(よこす)

最近、生徒が考えてくれているのですが、サナルの新キャラクターがいます。

私の名前の「ヨコス」を文字って「ネコス」が始まりでした(小4の女の子)。

次に「タコス」が出ました(小6の女の子)。

全て絵が描いてあって、全キャラクターが私のトレードマーク(?)のメガネをかけています。

これで終わると思いきや、なぜか生徒がドンドン新キャラを考え始めました。

・ネコス

・タコス

・ハコス (箱にメガネ)

・ノコス (ノコギリにメガネ)

・ノコス (ピーマンにメガネ。子どもがよく残すので)

・オコス (アラームにメガネ)

・レゴス (レゴブロックにメガネ)

1週間で飽きるのでしょうが・・・今日も言葉遊びをしながら、生徒指導に全力で邁進中です。

佐鳴予備校 バンコク校 塾長...

Please reload

イベントのお知らせ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最近の記事

Please reload

Contact

Address

バイオハウス 5F

Bio House Building, 5th Floor, 55 Soi Sukhumvit 39,
Klong Ton-Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand.

Tel: 02-662-5194
095-284-2232(日本人直通)

Email: sanaru0067@gmail.com