2022年第3回 定期テストに向かう塾生についてつらつらと

お知らせでもなければ、教育的価値のある情報でもない雑記です。



前回の第2回定期テストから5週間・・・怒涛の5週間でした。


・合唱コンクール

・5科目実力テスト

・体育祭

・土浦日大高校バンコク受験

・海陽学園バンコク受験


日本人学校に通う塾生たちにとって、濃い、本当に濃い5週間だったと思います。



それでも、塾生たちを見ていて


体育祭が終わってからの猛ダッシュがすごかった!


です。


中学生のパワーを改めて感じたというか、特に中1・中2はなんだかんだ「仕上がった生徒が多い」ことに感動しました(中3は前回の第2回定期テストでも450点超えが7名と、勝負強さを感じさせてくれるサナルバンコク校の塾生たちですから、いつも通りの対策をして、いつも通り仕上がっています。昨日実施の問題を見ましたが、数学は17名の中3塾生平均が85点を超えてくれるだろうと思います)。



そして、中2の10月から途中入学してきた生徒たちが「数学が苦手です!」という共通の悩みを持っていましたが、確実に前回テストより得点を伸ばすだろうと確信できるところまで仕上がりました。数学は本人の努力次第で、1ヶ月あれば何とかなることも改めて感じました。



中1塾生の多くは「1科目得点がうまく取れない苦手科目」を仕上げることが今後の課題

中2塾生は「英語の得点力」を課題としてきたため今回はかなり底上げできたと思いますが、中1の7ヶ月間をオンライン上で過ごしたことでサボってしまった生徒・・・英語はやはり戻すのに1年間かかりますね。


中1・2において、11月・12月・1月・2月・3月は、サナルで英語の課題Festival開催時期なので、これをやってくれれば定期テストレベルは余裕になるはずです。


中3は今日が最後の定期テスト、中1・2は明日が初日の定期テスト。

今日もたくさんの中学生が個別質問&オファー会にやってきます。生徒たちの学力向上のために全力で邁進いたします。






世間はハロウィン

サナルも装いが変わっている中

黙々と学習する塾生たち


お菓子はたくさん食べていましたが 笑


努力しようとする姿勢を嬉しく思います









佐鳴予備校 バンコク校塾長 横洲