バンコク入試の結果~第一弾~

バンコク入試が10月から始まり、さっそく2名の結果が出ました。

 

・文化学園大学杉並高校 特待

・福岡女学院高校 特進

 

 

 

 

 

 

クラッカーのイメージです 苦笑

 

 

 

 

 

塾生の二人とも、よくがんばりましたー!!

 

愛知・静岡に強いサナルというイメージでしょうが、バンコク校は全国対応

 

 

むしろ今年は関東の生徒の方が人数が多めです。

東京都の生徒、埼玉県の生徒、千葉県の生徒、神奈川県の生徒、三重県の生徒、長野県の生徒、福岡県の生徒、兵庫県の生徒、愛知県の生徒、静岡県の生徒 

 

 

そして、佐鳴予備校バンコク校では生徒の合格可能性を1%でも上げるため、全国の模試を取り寄せ、各日程で実施中。一斉試験をやる意義よりも、その生徒の受験にあった模試をやるほうが生徒のためになると考え、

 

 

全国津々浦々の生徒の合格を目指し、日本のそれぞれの都道府県の人たちに問い合わせ、模試・情報を取り寄せ、全力で合格に向かってひた走って指導中です。

 

 

【現在サナルで実施中の中3受験対策用の模試】

・学力診断テスト(全国規模最大受験者数を誇る、公立用の模試)

・アドバンス模試(難関私立高校対策用模試)

・愛知県進学模試(愛知県公立高校対策模試)

・静岡県進学模試(静岡県公立高校対策模試)

・北辰テスト(埼玉県用の模試。埼玉県中3が9割受験するテスト)

・愛知県難関私立模試(愛知県の滝高校・東海高校用模試)

・神奈川県高校入試模擬テスト(県下1万人を超える神奈川県公立高校用の模試)

・三重県統一テスト(三重県の公立高校用模試)

・フクト(福岡県下最大の模試)

・なが模試(長野県下最大の模試)

 

 

現在、千葉県の総進S模擬と交渉中。

 

今年は大阪・京都・奈良の生徒がいませんが、佐鳴予備校で五ツ木テストと大阪V模擬を実施する準備も整っています。

 

 

今週は「土浦日大」と「国際高専」の入試です!

国際高専は英語の小論文60分・英語の面接試験があるため、定期テストが終わったこの60日間、ずっと対策してきました。

 

■英語小論文対策:理数担当の佐藤英先生が対策。自身のイギリス・フランスでの博士課程への論文を含め、英語での論文の書き方を指導。本人は理数の先生なのに・・・多才って素晴らしいです。特に高専は理系の学校なので、しっくりくる論文がかけるようになっているでしょうかね。

 

■英語面接対策:英検突破プレミアム担当の福澤先生が対策。完全に個人で30-40分ぐらい対策中。もういいのでは!?というくらいやっていましたが、明日も時間があるからショートで最終確認をするみたいです。

 

 

 

佐鳴予備校バンコク校、今日も生徒のために全力で邁進中です。

 

 

塾長 横洲(よこす)

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Contact

Address

バイオハウス 5F

Bio House Building, 5th Floor, 55 Soi Sukhumvit 39,
Klong Ton-Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand.

Tel: 02-662-5194
095-284-2232(日本人直通)

Email: sanaru0067@gmail.com