幼少期の学習~非認知力と思考力~

幼児さなスクがスタートして早いもので半年が経ちました。

 

 

ありがたいお言葉を保護者の方からいただき、

 

「サナルに通って勉強に取り組む姿勢がとても良くなりました」

「本を読むことに積極的になりました」

「自分で考えるようになりました」

 

嬉しい限りです。

 

ただ、幼児の学習において「60分間、学習し」に来たから「飛躍的に能力が向上する」というのは、絶対にありえません。あくまで脳力の開発には、普段の生活態度が大切になりますし、週に1回塾に来て学ぶことは「きっかけ」に過ぎません。

 

 

外部の保護者の方から

 

「幼児さなスクの目標は何ですか?」

と聞かれることがあります。

 

確かに、KUMONさんや体操教室、そろばんなどは「目に見えて子どもの成果を確認することが出来る」ので費用対効果を実感できます。

 

しかし、2014年ごろからずっと言われ続けていますが、幼児教育においてテーマとなっているのが「非認知力」と「思考力」であるため、「幼児さなスク」では以下のものを身に付けられることをベースに指導を行っています。

 

・意欲

・粘り強さ

・社会性

・挑戦心

・思考

・ひらめき   etc

 

実際、2014年のアメリカでの研究結果について、幼児期に身に付けた「認知力(知能指数など、数値化できる力)」は、10歳頃にほとんど追いつかれるとの結果が出ています。

 

 

そのため、幼児さなスクでは認知できる力だけではなく、非認知力に力を入れて指導しています。

例えば、「出来ない~」とふてくされる子がいたら、「出来ないねー」と笑顔で伝えて、続きを促します。

 

「答えを教えて~」

 

と甘えてきても、「答えを教えてほしいんだね~。答えを見つけるより、まず考える人になろっか」と言って続きを促します。

 

 

「もうやりたくない!」と言ってきた場合、「何をやりたくないの?」と聞き返し、「これ」と指示語で話してきますが、「これって何?」とさらに聞き返されます。

 

「だ~か~ら~、これ 怒」

 

と、ここまでいくと多くの子どもがふてくされたり怒ったりします。

しかしその感情には取り合わず、「どうしてやりたくないの?」と説明を促します。

 

 

「おもしろくないから」

 

 

というように言ってくる子どもが多いですが、「出来るようになったらおもしろくて、出来ないとおもしろくないってこと?」と聞くと、たいていうなずきます。

 

「じゃあ、出来るようになるまでやってみよう!!」と言われ、しぶしぶもう一度チャレンジ。

 

 

 ※ここで出来るようになると非認知力や自己肯定感が芽生えるので、ちょっとのヒントを出す場合がありますが、基本的には自分で解決を促します

 

 

今度幼児さなスクの保護者会を開きますが、こういった会話を自宅で可能な限りお願いしたいと思っています。多くの家庭で「大人の先回り」と「単語の会話」が繰り返されてしまっています。非認知力の中でも大切な「粘り強さ」と「自己肯定感」は、大人との会話からつながる行動によって「伸びる・伸びない」の両極端な場合が多く見られます。

 

 

長くなってしまいましたが、「幼児さなスク」の目的は、非認知力を大切にすることです。しかし、自己肯定感などの非認知力を高めるのに、認知力(計算力や文字の読み書き等)が手助けになることもありますので、特に年長からは無視してよいということではないと、理解いただけると幸です。

 

 

今日も幼児さなスクが開かれます。体験の方が来るのですが、金曜日年長クラスはこれで満席かもしれませんね。今日も全力で指導に邁進いたします。

 

 

佐鳴予備校 バンコク校 塾長 横洲(よこす)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts
Please reload

Contact

Address

バイオハウス 5F

Bio House Building, 5th Floor, 55 Soi Sukhumvit 39,
Klong Ton-Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand.

Tel: 02-662-5194
095-284-2232(日本人直通)

Email: sanaru0067@gmail.com