Featured Posts
Recent Posts

バンコク校 塾長ブログ ぐるぐるまわっています

中学3年生から、

「学校の隣の子が、3校全部合格した」

「○○高校、3人ダメだった(落ちた)らしい」

など、同級生のサナル塾生以外の話しが出ることがあります。

合否を実際に味わった生徒と、まだ味わっていない生徒

確かに、「受験に対する実感度 & 勉強への本気度」が変わると思います。

しかし、私の頭の中でぐるぐるまわっています。

「練習のつもりで受けたため地域的にも絶対に行くことがない学校を受験して合格した結果、本当にその学校を第一志望にしている生徒が合格しない可能性が高まることは、本当に正しい行いなのか・・・」

しかし、基準点を超えれば全員合格とする学校もあるので、それは受験しても良いのではないか・・・

しかし、決して行くことがない学校を受験すること自体が、その学校に対して失礼ではないか・・・

しかし、他の人のことを考える前に塾生の幸せのみを追求するのが私の責務ではないか・・・

ぐるぐるこの1週間ぐらいずっとまわっていました。

しかし!!!

本人が希望し、基準点を超えれば全員合格となる学校は受験しても良いのではないかと結論づきました。

すみません、私のモヤモヤを書いているだけのブログになってしまいました。

今日も中3の入試対策本科がやってまいります。

2月初旬に全員が受験します。残り2ヶ月と10日、全力で指導に邁進いたします。