成績大幅アップインタビュー 第2弾 2022年9月

成績アップインタービュー中学3年生 バンコク日本人学校 奥村宗大(おくむらそうた)くん


横洲:中2の3学期学校成績(内申点)から、中3の1学期で大幅にアップしたよね。


奥村:はい、ありがとうございます。


横洲:えーと、9科目36から43で一気に7UP!?確かに中3になってかなり気合いが入っていたけれど、こんなに一気に上がるのはめずらしいよ。どうやって勉強したの?


奥村:昨年度とは違って、1つの科目に偏ることなく全体的に力を入れて勉強しました。学校ワークなどの提出物は定期テスト3週間前には終わらせました。ワークを終えることで理解がぼんやりとですが網羅できて、テスト3週間前のテスト対策授業から理解がしやすくなった気がします。


横洲:学校のワークを3週間前に終えるのは随分早いね。よく自習に来ていたけれど、何か心変わりがあったのかな?


奥村:受験で中3の内申点を使うので、「とにかく得点を取らなきゃ」と思っていました。それでも、家だと集中できなくなることが多くて、潔くあきらめて自習室に通いました。一緒に定期テストを取ろうとがんばっている同級生と進み具合・定着度合いを確認しながらやれたのが良かったです。


横洲:一緒にやっていた高野、豆田の三人で今回は大成功したからね。自習室で馴れ合うでなく、競いながら楽しそうにやっていたのが印象的だったね。


奥村:仲間には感謝しています。先生の作った予想問題テストを一斉に解いて友達と競ったり、オファー制度をうまく使ったりしながら勉強が進められました。


横洲:最後に後輩へアドバイスを!!


奥村:ためらわずにオファー制度を使って、先生に問題オファーをしてください。あとは、レポート1つにしても一番上の評価を狙う気持ちを持って普段の学校生活を送るといいと思います。


横洲:ありがとう!「あきらめなければ、中3からでも成績は上げられる」という素晴らしい実例となってくれました。受験も成功できるように一緒にがんばっていきましょう!



文責

サナルバンコク 塾長 横洲(よこす)